きれいのタマゴ ホーム > リフレ > リフレ Q&A

リフレ Q&A

リフレクソロジーとフットケアの違いって?

リフレクソロジーは反射療法と呼ばれ、足の裏に数多くある反射区を刺激することで心身をケアする西洋式自然療法。足裏の状態から臓器の状態を知り、反射区を刺激し血液やリンパの流れをスムーズにし、自然治癒力を高める効果があります。
フットケアは足のトラブルの状態を見極め、固くなった角質の除去、巻き爪の治療など適切なケアを施し、足を健康できれいな状態にするケア方法で、腰痛や膝痛の原因ともなる冷え、むくみ、外反母趾、タコ、ウオノメ、巻き爪、扁平足、セルライトなどの足のトラブルにも対処しますが、その中にリフレクソロジーや東洋式足裏マッサージのような施術も含まれます。フットケアは総合的な足に対するケア方法の総称といえます。

ページトップへ▲

リフレクソロジーの技術はどうやって学んだらいいの?

資格が必須条件ではないため、サロンなどで働きながら技術を得る方法もありますが、近年、需要はどんどん高まっており、人の身体に直接影響する仕事であることから、専門の基礎知識・技術のある人を優先的に求める傾向にあります。
知識や技術を学ぶために、現在は専門のスクールが数多く開校しています。
講座は短期のものから1年以上学ぶものまで様々ですが、社会人向けに土日や夜間に開講していたり、通信で学べる講座もあるので、ご自分にあった学び方で確かな知識を得るのにスクールを利用するのも効率的な学び方といえるでしょう。

スクールで学ぶ:通学講座   自宅で学ぶ:通信講座

ページトップへ▲

リフレの資格ってあるの?

代表的な資格としては、スクールや団体ごとに設けられている多数の民間資格を統一し、公的資格を目指すべく2004年からスタートしたのが、日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)が認定するリフレクソロジー検定がありますが、現在は民間資格であり、将来的にも国家資格になる予定はないため、ライセンスを取得することがリフレクソロジストの必須条件となるわけではありません。
ただし、リフレクソロジストの仕事は、直接人の身体に触れる仕事なので、自分がお客様と向き合った時にどこまで自信を持ち対応できるかという「覚悟」をもって仕事ができるかという部分が大切になります。そのために資格を取得することは大変有意義といえます。

ページトップへ▲

リフレクソロジストはどんなところで活躍してるの?

専門サロンはもちろん、エステやアロマセラピーのサロン、スポーツクラブなどからも求人があります。最近では、それらの癒し系スキルも同時に修得し、総合的に施術を行うケースも増えてきています。
独立開業が比較的容易に行えるのもリフレクソロジーの魅力。特別な器具や薬品は必要ないため、施術用のベットと、それをおけるスペースさえあれば、自宅でも簡単に始められます。また、他に仕事を持っている人が空いた時間に出張トリートメントなどを行うことも少なくないようです。

ページトップへ▲

どんな人が向いてるの?

東洋式と異なり、力をほぼ使わないため、特に男女関係なく目指すことのできる仕事といえます。また、他人に対する思いやりやいたわりの心はもちろん、施術中にお客さんを飽きさせないための話術や、コミュニケーションスキルのある方、人と接することが好きな方にはぴったりの仕事です。

ページトップへ▲

リフレクソロジーはいつはじまったの?

現代のリフレクソロジーの基礎を、アメリカ人のフィッツジェラルド博士が築き、その助手のユナイス・イングハム女史が足底に身体の臓器や器官を描いた図を作り、今まで一定にしていた圧力を変化させながら押すことでさらに効果をあらわすことを発見しました。
その後、ドイツのハンネ・マルカート女史が研究を重ね、世界各国にリフレクソロジーが広まりました。

ページトップへ▲